実り展 2021

 

ご挨拶

  

2019年から始めました『あけび実り展』。

 

新型コロナウィルスの感染防止の為に、昨年度に引き続き、本年度もWebにて開催することになりました。

 

あけびでの活動の様子や創作した物を、今年も皆さんにご覧いただきたいと思います。

 

さをり

さをり織り機によって作られてます。


作者名 塚田

「たて糸はアポロチョコ柄にしました。

織り終わりはキャンディみたいにカラフルにしました。」

作者名 塚田

 「たて糸を決める時に人が着ている服の色を参考にしました。

よこ糸は好きな色を入れました。」

作者名 塚田

 「冬をイメージしました。

男性にも女性にも使ってもらえる糸を選びました。」



作者名 程野

 「気の向くままに織っていき、

いつの間にか完成してました。」

作者名 村佐

 「秋をイメージして紅葉の色を

思いながら作りました。」

作者名 村佐

 「大人の人がつけてもおかしく

ないように織り上げました。」



作者名 村佐

 「冬に巻いてもおかしくないように、暖かくほっこりできる色を使い仕上げました。」

作者名 村佐

 「涼しさをメインに色づかいに

気をつけながら作りました。」

作者名 辻田

 「初めて織りました。」



作者名 細田

 「ピンクはほどほどに使い、

光の入った色は少し、黄色はたくさん使いました。」

作者名 細田

 「糸も色々こまめに変えて

キレイに織り上がりました。」

作者名 細田

 「途中から糸が切れたので、

最後は持ち上げてやって

凄くしんどかったです。」



作者名 松尾

 「ハロウィーンが近くなり、夏よりも過ごしやすく、秋も楽しく過ごしていた。

そんな糸色のイメージです。」

作者名 上杉

 「楽しく作りました。」

作者名 上杉

 「頑張って作ったので、

ぜひ買って下さい。」


ベスト

サロンの方々と協力して仕上がりました。





編み物

手で編み込みました。


作者名 塚田

 「スリッパを作りました。

編むとき輪っかがきつかったので大変でした。

はいてくれる人たちのことを思って作りました。」

作者名 塚田

 

 「くだものの切った所をイメージしました。

何色にしたらいいか苦労しました。」

作者名 塚田

 

 「白と紫で編みました。

出来上がってみたら五角形になりました。

模様にするのにけっこう苦労しました。」



作者名 世良

 「使って下さる方をイメージして作りました。

このコースターでドリンクを飲めばとってもおいしいと思いますよ。」

作者名 松永

 「丁寧に作ることを目標にして

取り組んでいます。」

 

作者名 松永

 「皆さんが座りたいと思うような

座布団を作りました。」



作者名 程野

 「色使いを考えて頑張りました。

自分でコースターを作る木枠も作りました。

小さな小物ですが色を考えました。」

作者名 程野

作者名 程野

 


イラスト

色鉛筆やパソコンで描きました。


作者名 小松

 「今年は【秋のイメージ】と【なら公園】を描きました。

今年もコロナで出かけられないので、シカを見たいと思ったのがきっかけです。

シカの顔を描くのがむずかしかったです。」



作者名 匿名

作者名 匿名

<<メイキング映像>>


作業風景

このように作っています。